ユーフォニアム四重奏

スコットランド風間奏曲

A Scottish-flavored Interlude op. 98

KEUE-002

【KEUE-002】
スコットランド風間奏曲

販売価格  ¥2,800(税別)

数量  

Kazenone Euphonium Ensemble Series

スコットランド風間奏曲

作曲:酒井 格
Sakai, I.

ユーフォニアム四重奏

酒井 格
スコットランド風間奏曲

ユーフォニアム4重奏 or ユーフォニアム・テューバ4重奏(2 Euph. and 2 Tuba)

 

◇スコットランド風 間奏曲

滋賀県で活動する市民バンド、大津シンフォニックバンド、ユーフォニアムセクションからの委嘱作品。2009118日、守山市民ホールにて開催された、アンサンブルコンテスト滋賀県大会一般の部で初演され、銀賞を受賞しました。大津シンフォニックバンドが、同年度の吹奏楽コンクールで演奏した自由曲(鈴木英史さんの作曲した「鳥のマントラ」)のモチーフを用いて作った、小品です。鈴木英史さんの元の作品は、チベットの音楽を題材にしたものですが、同じメロディーを使いながら、全く違う国「スコットランド」のスタイルに変身させられるか?そんな試みにチャレンジしてみた曲です。3番、4番パートは、チューバでも演奏が可能ですので、ユーフォニアム、チューバが2本ずつの四重奏としても演奏が可能です。(酒井格)

 

Scottish-flavored Interlude op. 98

The work was a commission from the euphonium section of the Otsu Symphonic Band, an amateur band in Shiga Prefecture. It was premiered at the Shiga Prefecture Ensemble Contest held at the Moriyama Citizen Hall on 18 January 2009, and was awarded the silver medal. The piece uses a motif from the work Otsu Symphonic Band played in the wind band competition the previous year (Mantra of the Birds by Eiji Suzuki). Mr. Suzuki’s original is based on Tibetan music, but my challenge was whether I could use the same melody yet transform it into a totally different style of Scottish music. The third and fourth euphonium parts can also be performed on the tuba, so it can be played by a quartet of two euphoniums and two tubas.

(Sakai, Itaru)