ホルン&ピアノ

故郷節

Furusato-Bushi (Song of My Homeland)

KHNS-004
KHNS-004

【KHNS-004】
故郷節

販売価格  ¥2,000(税別)

数量  

Kazenone Horn Solo Series

故郷節

作曲:小林 健太郎
Kobayashi, K.

ホルン&ピアノ

小林健太郎 (Kentaro Kobayashi)

故郷節 (Furusato-Bushi)

 

Horn and Piano

Kazenone Horn Solo Series

 

◇「故郷節」(ふるさとぶし)

この作品は2009年にアメリカで行われた第41回国際ホルンシンポジウムで磯部保彦氏によって初演されたもの。メインテーマは尺八や横笛により奏される節によくあるリズムと、日本人に馴染みあるペンタトニックスケールを使って作曲した。中間部は懐メロや演歌のような音楽を目指してみたので、たっぷり歌い込んで欲しい。また、全体としてアクセントなどは尺八をイメージして、ペンタトニックから外れたメロディラインは、遠く離れた故郷を懐かしむ気持ちで演奏してほしい。

小林健太郎

 

◇Furusato-bushi (A Song for a hometown)

Furusato-bushi is premiered by Isobe Yasuhiko at the 41st International Horn Symposium in 2009 in the U.S. The main motif was composed with pentatonic scale and popular rhythms used by Japanese traditional instruments such as Shakuhachi and Yokobue, The middle section was meant to be a Japanese oldies and Enka style, so make sure to “sing your heart out”. Imagine the articulations of Shakuhachi playing, and be expressive on melodies outside the pentatonic scale, reminiscing your hometown afar. 

Kentaro Kobayashi