ヴァイオリン&ピアノ

フィンランディア・ファンタジー<ヴァイオリン版>

Finlandia Fantasy for Violin and Piano

KVNS-001
KVNS-001

【KVNS-001】
フィンランディア・ファンタジー<ヴァイオリン版>

販売価格  ¥3,000 (税別)

数量  

Kazenone Violin Solo Series

フィンランディア・ファンタジー<ヴァイオリン版>

作曲:J. シベリウス 高畠 亜生
Sibelius, J. = Takabatake, A.

ヴァイオリン&ピアノ

J.シベリウス=高畠亜生

フィンランディア・ファンタジー

ヴァイオリン & ピアノ

Kazenone Violin Solo Series

 

フィンランディア・ファンタジー

「フィンランディア・ファンタジー」は、2016年に交響詩「フィンランディア」をヴァイオリンとピアノのために編曲した作品である。原曲を生かしつつ、ヴァイオリン部分は特に協奏曲のカデンツァ風の華やかなヴィルトゥオーゾを工夫し、また弦楽器の多彩な音色と豊かな表現力を余す所なく作曲されている。ピアノ部分はヴァイオリン独奏を支える管弦楽的な役目と共に、新たに作曲された叙情的な経過句も添えられ、両者の掛け合いが躍動的である。

2016年の初演以来、多くの再演を重ねている。2017年秋には、「フィンランド独立記念100周年公演」のシベリウスの孫娘サトゥ・ヤラスさんをお迎えしたレクチャーコンサートの中で8回目の再演が予定されている。

再演の度に観客から熱烈な拍手で迎えられている。作曲者としてはたくさんの素晴らしい演奏家にこの作品を演奏してほしいと心より願っている。

(高畠亜生)

 

◆作曲;2016年、ヴァイオリニスト佐藤まどか氏により委嘱

◆演奏時間;約11分30秒

◆初演;2016年7月 佐藤まどか&安田正昭デュオリサイタル(石橋メモリアルホール)

 

 

 

Finlandia Fantasy

Finlandia Fantasy is a recomposition of Finlandia arranged in 2016 for Violin and Piano. Violin part is particularly composed by brilliant techniques, such as Cadenza of Violin Concerto, with expressive power of stringed instruments, while the style of the original work is preserved. Piano part plays the role of dynamic orchestra supporting the violin part, accompanied by lyrical and melancholic solo passages, resulting in a powerful interaction of the two instruments.

Since premiere in 2016, Finlandia Fantasy has been replayed many times. The eighth performance of this work is scheduled in the fall of 2017 in lecture concerts celebrating the 100th anniversary of Finland’s independence. Sibelius’s granddaughter Satu Jalas is invited to the event.

Finlandia Fantasy is always applauded by the audience every time it is replayed, and the composer hopes that many performers will play this work.

(Aoi Takabatake)

 

 

◆Composed in 2016 by the request of Violinist Madoka Sato

◆Duration: ca’ 11m 30s

◆First Performance: Madoka Sato & Masaaki Yasuda Duo Recital in July, 2016 at Ishibashi Memorial Hall