ヴァイオリン&ピアノ

ヴァイオリン・ソナタ ホ調

Sonata in E for Violin and Piano

KVNS-002

【KVNS-002】
ヴァイオリン・ソナタ ホ調

販売価格  ¥3,500(税別)

数量  

Kazenone Violin Solo Series

ヴァイオリン・ソナタ ホ調

作曲:青島 広志
Aoshima, H.

ヴァイオリン&ピアノ

青島広志 作曲

ヴァイオリン・ソナタ ホ調

 

ヴァイオリン&ピアノ

Kazenone Violin Solo Series

 

◇ヴァイオリン・ソナタ ホ調 (1972)

1972年には初めての作風の変化が起きた。それは古典派から国民楽派へと言えば言えるが、この場合その国籍は日本で、具体的には旋法や四度和声の使用ということになる。この系譜に連なるのが前年の「ピアノのためのソナチネ」、同年の「万葉集による四つの小品」、翌年の「フルート・ソナタ ニ調」「ヴァイオリンとピアノのためのII章」などで、その後、興味をフランス近代に向けられてしまう。

林光先生の初めてのレッスンに第1楽章を見せ、励ましの言葉をいただき、次に第2楽章には「少し時代的に後退した」と言われ、同時に「いいフィナーレが書けるでしょう」との言葉どおりになったと思う。しかし先生とのこの蜜月時代は長く続かなかった。当方の頑なな心がそうあることを遠ざけたのだった。

初演は、小学校の同級生である吉持祐子と作曲者により、1973年4月6日、渋谷りとるぷれいはうすで行われた。東京藝術大学入学式の夕方のことだった。(青島広志)

 

◇Violin Sonata in E  for Violin and Piano (1972)

The year 1972 saw a change in my compositional style for the first time. One could say it was a change from a classical style to a more nationalistic style ? in my case, the nation was Japan and it involved the use of modes and harmony in fourths. Works in the same vein include Sonatina for Piano (1971), Four Pieces Based on Manyoshu (1972), Flute Sonata in D and Two Movements for Violin and Piano (both 1973). Thereafter, my interest shifted towards modern French music.

It was at my first lesson with Hikaru Hayashi that I showed the first movement of the Violin Sonata, and I recall he was very encouraging about it. When I took him the second movement, he commented that the style had regressed a little but I should be able to write a good finale. I think it turned out as he said. However, this honeymoon period with my teacher didn’t last long due to my own stubbornness.

The work was premiered on the evening of 6 April, 1973 at the Little Playhouse in Shibuya by Yuko Yoshimochi, a classmate from elementary school, and the composer. Incidentally, it was the day of my enrollment ceremony at the Tokyo University of the Arts.

(Hiroshi Aoshima)