ヴァイオリンソロ

独奏ヴァイオリンのための『譚歌五色』

TANKA GOSHIKI - Five Ballades for Solo Violin -

KVNS-003

【KVNS-003】
独奏ヴァイオリンのための『譚歌五色』

販売価格  ¥2,400(税別)

数量  

Kazenone Violin Solo Series

独奏ヴァイオリンのための『譚歌五色』

作曲:和田 薫
Wada, K.

ヴァイオリンソロ

和田薫 作曲

独奏ヴァイオリンのための『譚歌五色』

ヴァイオリン ソロ

Kazenone Violin Solo Series

 

◇独奏ヴァイオリンのための『譚歌五色』

 

譚歌 I 〈琥珀〉

譚歌 II 〈紅蓮〉

譚歌 III〈漆黒〉

譚歌 IV〈萌黄〉

譚歌 V 〈紫紺〉

 

この作品は、2007年から2010年に掛けて孤高のヴァイオリニスト・天満敦子さんのために作曲され、それぞれの楽曲に〈琥珀(こはく)〉〈紅蓮(ぐれん)〉〈漆黒(しっこく)〉〈萌黄(もえぎ)〉〈紫紺(しこん)〉という、日本独自の色彩名を付随しています。これは作曲の動機を表すものではありませんが、作曲者が日本の音素材を基盤に創作する記号として日本特有の色彩を当てた、云わば作品のイメージカラーのようなもので、それぞれのもつ語感が作品の個性を象徴し伝播できればと企図しています。

ヴァイオリンという、元来旋律楽器として位置する楽器が伴奏を伴わないということは、音楽としては一見不完全な様相を呈していますが、バッハはそこに大いなる光を与えヴァイオリンを独奏楽器に昇華させました。その無伴奏曲を中心に演奏活動をする天満敦子さんの音楽に触れた時、〈天満敦子が奏でるヴァイオリン独奏のための曲〉を書きたいという動機が溢れ出て「譚歌I」と「譚歌II」が生まれました。その後天満さんと音楽プロデューサーの中野雄氏の提案により曲集とすることとなり、「譚歌五色」として完成に至りました。

バッハによって完成をみた無伴奏の世界に、時代を越え、国を越えて足跡を残せることを誇りに思うと同時に、作曲の源泉となった天満さんに深く感謝を致します。

(作曲家 和田 薫)

 

◇TANKA GOSHIKI ? Five Ballades for Solo Violin

 

Ballade I: KOHAKU

Ballade II: GUREN

Ballade III: SHIKKOKU

Ballade IV: MOEGI

Ballade V: SHIKON

 

This series of pieces was composed between 2007 and 2010 for the “solitary violinist” Atsuko Tenma, and each piece takes a name of a unique Japanese color: Kohaku, Guren, Shikkoku, Moegi and Shikon. The color is not intended as a musical motif, but it is a sort of image color for the pieces which are composed using Japanese traditional music elements. It is hoped that the nuance of each word symbolizes and conveys the character of the piece.Since the violin is originally a melodic instrument, musically it may seem imperfect without accompaniment. However, Bach shone a spotlight on this and transformed the violin into a solo instrument. Atsuko Tenma is a specialist in performing solo violin music, and when the composer heard her music for the first time, he was inspired to compose solo violin music for to play, and thus “Tanka I” and “Tanka II” were born. Subsequently, at the suggestion of Ms. Tenma and the music producer Takeshi Nakano, they grew into a five-piece set TANKA GOSHIKI.It is a privilege to be able to leave one’s mark ? across centuries and borders ? on the world of unaccompanied violin that Bach completed, and above all the composer would like to thank Atsuko Tenma who inspired the work. (Kaoru Wada)