ヴァイオリン&ピアノ

ヴァイオリンとハープと弦楽オーケストラのための『雅俗二譚』<ピアノリダクション版>

GAZOKU Ballade for Solo Violin, Harp and String Orchestra

KVNS-004
KVNS-004

【KVNS-004】
ヴァイオリンとハープと弦楽オーケストラのための『雅俗二譚』<ピアノリダクション版>

販売価格  ¥3,000 (税別)

数量  

Kazenone Violin Solo Series

ヴァイオリンとハープと弦楽オーケストラのための『雅俗二譚』<ピアノリダクション版>

作曲:和田 薫
Wada, K.

ヴァイオリン&ピアノ

和田薫 作曲

ヴァイオリンとハープと弦楽オーケストラのための『雅俗二譚』〈ピアノリダクション版〉

 

ヴァイオリン&ピアノ

Kazenone Violin Solo Series

 

◇ヴァイオリンとハープと弦楽オーケストラのための『雅俗二譚』〈ピアノ・リダクション版〉

 

この作品は、2015年にサンアゼリア・フィルハーモニカの委嘱作品として初演された同曲を、ピアノ・リダクション版として編曲したもので、作曲は2014年の夏から着手し翌年3月に脱稿、ピアノ・リダクション版も4月に脱稿しました。

曲は2つの楽章からなり、第一譚はカデンツァ風の独奏から始まり、自由な形式による吟遊的な構成でヴァイオリンの叙情的な側面を表現しています。第二譚は、動?静?動の形式で律動と旋律の相対、叙情と熱情の相対を表現しています。タイトルの「雅俗」とは、一般には上品なもとの俗っぽいものと理解されますが、作曲者は〈相対する概念〉とし、人の普遍性を表出する意味を包括しました。そして「譚」はバラードであり、人生を謳う叙情詩として表現しています。

唯一無二の孤高のヴァイオリニスト・天満敦子さんへ数多くの編曲と独奏曲を提供している作曲者は、その集大成の意味を込めてこの「雅俗二譚」を作曲しました。天満さんは、日本の伝統的音素材による作曲者の作品の良き理解者であり、叙情的であり且つ熱情的な音楽は、その想い描いた以上の宇宙を創造してくれました。

(和田 薫)

 

 

◇GAZOKU Ballade for Violin, Harp and String Orchestra (Piano Reduction Score)

 

This is a piano reduction of a work that was originally commissioned by the Sun Azalea Philharmoniker and premiered in 2015. The work on this piece began in the summer of 2014 and it was completed the following March, and the piano reduction score in April.

The work consists of two movements. The first movement opens with a cadenza-style solo section and it takes a troubadour-like structure in free form, bringing out the lyrical side of the violin. The second movement is in three sections ? dynamic/static/dynamic ? and it expresses the contrast between rhythm and melody, and lyricism and passion. The title GAZOKU usually means “refined and vulgar”, but here it is used to signify “contrasting ideas”, and it includes the sense of the universality of humankind. The Japanese term “Tan” means ballade, a lyric poem that praises life.

The composer has provided many arrangements and solo works to Atsuko Tenma, the unique and solitary violinist, and GAZOKU was composed as a culmination of all those works. Atsuko Tenma has always been an enthusiastic supporter of the composer’s music, which uses elements of Japanese traditional music, and through her lyrical and passionate playing she has created an universe that exceeded expectations.

Kaoru Wada