マリンバ&打楽器

二打奏宴 – マリンバと打楽器のための –

Ni-Da-Soh-En for Marimba and Percussion

KPCE-001
KPCE-001
KPCE-001

【KPCE-001】
二打奏宴 - マリンバと打楽器のための -

販売価格  ¥3,000 (税別)

数量  

Kazenone Percussion Ensemble Series

二打奏宴 - マリンバと打楽器のための -

作曲:和田 薫
Wada, K.

マリンバ & 打楽器

◇二打奏宴
―マリンバと打楽器のための―

この作品は、打楽器奏者でありマリンビストの西久保友広氏の委嘱により2019年春から作曲、同年11月に脱稿しました。作曲にあたっては、マリンバと打楽器という、同属性のデュオという特徴を最大限に生かそうと企図しています。特にマリンバはソロ的な立ち位置を取り、打楽器はそれと対峙するオーケストラの要素、つまり協奏曲的構図をこの作品では試みています。

曲は4つの特徴的な部分より構成されています。マリンバの静かなパッセージから始まり断片的なモチーフを奏でる中、打楽器はそのフレーズに呼応します。続いてカデンツァ的な部分で、マリンバと打楽器の間(ま)の空間を表出します。その超時間的な音を受けて、呪術的・念仏的なオスティナートが打楽器により始まり、次第に高揚して最終部分のアレグロへ突入します。「二打奏宴」というタイトルは、打楽器デュオによる狂詩曲的な意味合いを込めた作者が造語したものです。

和田薫

 

Ni-Da-Soh-En for Marimba and Percussion

In Spring 2019, to a commission from the percussionist and marimbist Tomohiro Nishikubo, I started composing the work Ni-Da-Soh-En for Marimba and Percussion, and finished it in November of the same year. It aims to display characteristics of the Marimba and Percussion that are the same attribute as instruments. Marimba acts as a soloist and Percussion acts as an orchestra, that is, it’s written in concerto style. The work consists of 4 characteristic parts. The first part starts with calm passages and fragmentary motifs in the marimba part ― in response to Percussion. The second part contains a cadenza-like, illustrates atemporal space between Marimba and Percussion. That space leads to magical and invocational ostinato which is the third part. After a glowing passage of the third part, it leads to the final part which is Allegro. Ni-Da-Soh-En is a coined word meaning rhapsodic percussion duo.

Kaoru Wada

◆First Performance : Tomohiro Nishikubo Marimba recital, 2019 at Toppan Hall
Marimba: Tomohiro NIshikubo  Percussion: Makoto Shibahara