Trio Sync.

トリオ・シンク

Trio Sync.

VTS-0002
VTS-0002
VTS-0002

【VTS-0002】
トリオ・シンク

販売価格  ¥2,800 (税別)

数量  

Vientos

トリオ・シンク

CD

Trio Sync. チャリティCD以降初のCDが10月16日リリース!

 

Trio Sync. はバストロンボーン 2 本とピアノのアンサンブルである。世界的に見ても稀有な編成であるが、初めは活動を「一度きり」にする予定だった。

NHK 交響楽団の黒金寛行、読売日本交響楽団の篠崎卓美は演奏会を2人の出身地福島県いわき市で開くことに決めた。開催されたのは 2011年2月。それから1ヶ月後、未曾有の大災害が降りかかる。そう、かの東日本大震災である。地震と津波は2人の故郷をも襲い、人々の暮らしを大きく変えてしまった。
しかし震災が変えたのは人々の暮らしだけではなかった。「一度きり」のつもりだった彼らの演奏活動はチャリティコンサートとして震災の翌月から再び開始され、故郷の人々の心を癒した。さらにその折に制作したチャリティCD『Under the Blue Sky ~青空の下で~』は異色の編成ながらも異例の大ヒットを果たす。
その後、当初より共演していたピアニスト・城綾乃と共に「Trio Sync.」として新たに活動を開始した。現在日本各地でのコンサートを行う一方、毎年3月には地元いわきでもコンサートを開いている。また「いわきトロンボーンキャンプ」を開催し、後進の指導や音楽の楽しさを伝える活動も精力的に行っている。

特異な編成ではあるが、「シンクロ」する3人のアンサンブルは国内外で高い評価を得ている。また積極的に新曲や編曲の委嘱も行っており、バストロンボーン奏者にとってレパートリーの貴重なパイオニアとも言えるだろう。
(西下 航平)


「Trio Sync.」

収録:2020年3月12~13日
いわき芸術文化交流館アリオス にて

Trio Sync.

バストロンボーン:黒金 寛行 Hiroyuki Kurogane
バストロンボーン:篠崎 卓美 Takumi Shinozaki
ピアノ:城 綾乃 Ayano Jo

●高嶋 圭子:三春ふたたび
●ヨハン・ゼバスティアン・バッハ/富岡 篤志:ヴィヴァーチェ 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV 1043より 第1楽章
●ミハイル・イヴァーノヴィチ・グリンカ/富岡 篤志:悲愴三重奏曲 ニ短調
アレグロ・モデラート
スケルツォ・ヴィヴァチッシモ
ラルゴ
アレグロ・コン・スピーリト
●青島 広志:2本のバストロンボーンのための《モーツァルト風に》★
●富岡 篤志:二つの小品
プレリュード
ファンタジック・ダンス
●スティーヴン・フェルヘルスト:悪魔のワルツ★
●フェリックス・メンデルスゾーン/トリオ・シンク:ピアノ三重奏曲 第一番より 第二楽章
●ジャン・シベリウス:樅の木 五つの小品 作品75 より☆
●スティーヴン・フェルヘルスト:天使のタンゴ★
●安田 信二:セブン・シーズ
●西下 航平:マリンスノー

★ 2 Bass Trombone ☆ Piano Solo
印無し 2 Bass Trombone and Piano