ユーフォニアム&ピアノ

六花

Rocca

KEUS-013
KEUS-013
KEUS-013

【KEUS-013】
六花

販売価格  

¥3,080
(税抜: ¥2,800)

数量  

Kazenone Euphonium Solo Series

六花

作曲:山本 裕之
Hiroyuki, Y.

ユーフォニアム&ピアノ

2020年、COVID-19によってライブのコンサートが軒並み開催できなくなり、多くの音楽家が一時的であれネット配信に活動の場を見いだそうとした頃、私が以前書き溜めていたある音楽の教材群をユーフォニアムとピアノのための6曲の小品集に書き直して配信することを、ユーフォニアム奏者の小寺香奈さんが勧めてくれたのがこの《Rocca》である(ただし「I」だけは10年ほど前にすでに書いてあり、ユーフォニアムやテューバで演奏されたことがあった)。その年の秋に、彼女とピアニスト羽石道代さんによるリモートアンサンブルで《Rocca》の6曲を収録し、編集してネットへアップロードした。

タイトルの元となったことば「六花」とは雪の結晶のこと(「りっか」などとも読むらしい)。雪の研究で有名な中谷宇吉郎博士(1900-1962)によると、雪は「結晶の形および模様という暗号で書かれた、天から送られた手紙」とのこと。これは気象学の謎を雪の形から読み解くという意味だと考えられるが、なんとも暗示的である。《Rocca》は別に雪の結晶を思い浮かべて書いた曲ではない。しかし結晶が何らかの意味を持つ暗号だとするならば、配信動画もデジタルで暗号化され空(ネット)から落ちてくる音楽だ、と考えることもできる。

6曲とも最低限の長さに凝縮してあり、どれもストーリーを語る間もなくほどなく終わる。すぐに溶けてしまう雪のように、あるがままにありフッと消えていく、そんな6曲である。

 

山本 裕之

この商品を買った人はこんな商品も買っています